大麦若葉について

緑汁

大麦若葉について

ユーグレナ社の緑汁には、大麦若葉がたっぷりと配合されています。
その配合量は、ユーグレナよりも多くなっています。
さて、この大麦若葉とは何でしょうか?

大麦若葉は、青汁に含まれている成分の一つとしてよく聞くと思います。
実際、流通ベースだと、大麦若葉は青汁の原材料の半分ほどを占めています。

だけど、大麦若葉はスーパーで見かけるわけでもないし、実際は一体何なんだろう?
と思っている方も多いのではないでしょうか。

また、その効果、効能に関しても、他の成分との違いがよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

大麦若葉.png

よく「大麦若葉という特別な植物」があるのではないかという質問も頂くのですが、
実際は「大麦の若い葉っぱ=大麦若葉」ということです。

つまり大麦は、
イネ科の植物で私達がよく口にする
麦茶やビールの原材料となる穀物です。

この大麦が稲穂を付ける前の若い葉っぱが、「大麦若葉」です。
穂よりも若い葉っぱのほうが優れた栄養が詰まっているということがわかり、
今では青汁の原材料として利用されています。

大麦若葉に期待できる効果・効能

「大麦を食べてビタミンB1を摂取したら、脚気が治癒した」
といのは有名な話です。
近年では雑穀米のブームでまた注目を浴びていますよね。

大麦「若葉」も例にもれずビタミンB群が豊富です。
ビタミンB群は体内にエネルギーを供給するための大切なビタミンで、
ダイエットにも欠かすことが出来ないとされています。
また、妊婦の方に摂取が推奨されているビタミンである「葉酸」も豊富に含んでいます。

さらに、大麦若葉は食物繊維を豊富に含んでいます。
食物繊維は、便秘解消にとりわけ効果があります。

また、ポリフェノールや鉄分もたっぷり含んでいます。

さらに、SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる酵素も含んでいます。
このSOD酵素は、
活性酸素を分解して老化防止に役立つとされている酵素です。
(寿命が長い動物ほどSOD酵素の活性が高いという研究もあります)

緑汁には、このような大麦若葉をたっぷり配合したわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました