プレバイオティクスとプロバイオティクスの違いは?

プレバイオティクスは、
プロバイオティクスと名称が似ていますが、
どのようなものなのでしょうか?

プレバイオティクスは
1995年にイギリスの微生物学者のギブソンやロバーフロイドによって提唱され、
その定義は「大腸に常在している善玉菌だけの増殖を促して、腸内フローラを改善し、
健康に有益な効果を与える腸内で消化されにくい食品成分」といったものです。

簡単に言うと、
プロバイオティクスは善玉菌(生きた菌)
プレバイオティクスは善玉菌の餌(食品成分)
ということです。

プレバイオティクスには、具体的にはオリゴ糖や食物繊維を含んだ食品が該当します。

オリゴ糖や食物繊維は人間の消化酵素で分解されず、大腸まで届いてビフィズス菌など
善玉菌のエサになることで、善玉菌の増殖を促し、悪玉菌の増殖を抑制します。

善玉菌は腸内を酸性にしますので、酸性の場所では生きられない病原菌(悪玉菌)は活力を失うことになるのです。

また、食物繊維も善玉菌の餌になりますが、善玉菌を増やす餌としての能力ではオリゴ糖には勝てません。

プロバイオティクスとして外部から取り入れる善玉菌は腸内に長く住み着いてくれませんが、オリゴ糖はもともと腸内に常在しているビフィズス菌などを増やしてくれる点が大きなメリットといえます。

プレバイオティクスとしてのオリゴ糖、食物繊維それぞれ主な働きは、
食物繊維の主な整腸作用 ⇒ 便のカサを増すことで、腸の蠕動運動を刺激し便通を促す
オリゴ糖の主な整腸作用 ⇒ 腸内の善玉菌のエサになって、善玉菌を増殖させる
つまり、食物繊維は腸をキレイにすることで、オリゴ糖は善玉菌の勢力を優勢にすることで、
腸内フローラの改善に貢献することが、主な働きということです。

プレバイオティクスとして認められている食品成分

ガラクトオリゴ糖 牛乳や乳製品など
フラクトオリゴ糖 にんにく、アスパラガス、ねぎ、たまねぎ、ごぼう等
大豆オリゴ糖 大豆や豆乳、味噌などの大豆製品
乳果オリゴ糖 ヨーグルトなど
キシロオリゴ糖 トウモロコシ、タケノコなど
イソマルオリゴ糖 ハチミツなど
ラフィノース キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなど
ラクチュロース 牛乳や乳製品など
コーヒー豆マンノオリゴ糖 コーヒー豆
グルコン酸 ハチミツ、ローヤルせりー、大豆、米、しいたけ、発酵食品など
ボリデキストロース トウモロコシを原料に人工的に合成した食物繊維
イヌリン(食物繊維) たまねぎ、にんにく、ニラ、菊芋やたんぽぽ等キク科の植物の根

シンバイオティクスとは?

シンバイオティクスとは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂ること、 またはプロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を含む機能性食品のことを指します。

プロバイオティクスだけを摂るより、プレバイオティクスを同時に摂取することで、
善玉菌の増殖が加速し効果を実感できます。

プレバイオティクスは、毎食、食事できちんと摂ることはなかなか大変です。
やはり、サプリや健康食品等を利用すると便利です。
腸内改善を目指すなら、シンバイオティクスの実践がおすすめです。
便秘でお悩みなら、是非お試しください。

オリゴ糖は腸内に住む善玉菌のエサとなり、活性化・増殖させるため、日常的に摂ることは多くの方の腸内環境を改善する有効な手段となります。
しかし、腸内環境は各々異なりますので、オリゴ糖は人それぞれのお腹に合う合わないといった相性があります。
より良い効果を実感するためには、自分に合ったオリゴ糖を摂取することが大切です。

複数のオリゴ糖を配合しており、ほとんどすべての善玉菌を活性化できるオリゴ糖がおすすめです。


我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。

 

1分に1個のペースで日本一売れてます!!『カイテキオリゴ』
便秘の悩みを解消する健康食品のうち、オリゴ糖食品で日本一売れています!

売れる秘密は…
◇30万人以上の便秘に悩む方が愛用!
◇高純度オリゴ糖食品市場売上日本第1位(日本能率協会総合研究所調べ)
◇ほぼ純度100%なので赤ちゃんやお子様でも安心して使用出来ます!
◇ほんのりした甘さで味を壊さないので、飲み物だけでなく料理にも使えます!
◇国際品評会モンドセレクションにおいて4年連続最高金賞を受賞!
◇世界に認められた最高品質の商品!

バナー

オリゴ糖で腸内環境改善
オリゴ糖を摂取すれば善玉菌が増え、腸内環境が改善されます。 腸内環境が改善されれば、便秘、肥満、アレルギー…など体質が改善されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました