似てるけど違う?ユーグレナとクロレラの違いとは

全般的な記事

栄養バランスのとれた食生活は、健康な体づくりの基本です。

食事だけでは不足しがちな栄養素を補うために、
サプリメントを利用している人も多いのではないでしょうか。

中でも、一度に幅広い栄養素が取れるとされるマルチサプリメントは人気です。
代表的なサプリの一つとしてクロレラがありますが、
最近ではユーグレナを使った物も少しずつ増えてきました。

ここでは、見た目は似ているユーグレナとクロレラ、それぞれの特徴や違いについて紹介します。

 

動物性の栄養素も持つユーグレナ

ユーグレナ

ユーグレナという名前は聞いたことがなくても、
ミドリムシなら知っているという人は多いのではないでしょうか。

ユーグレナはミドリムシの学名で、約5億年以上前に誕生したといわれる藻類(そうるい)の仲間です。
名前に「ムシ」とついていますが、昆虫ではありません。

単細胞生物で、コンブやワカメなどの海藻と同じように太陽の光を浴びて光合成を行い、
必要な栄養素を作り出すプランクトンの一種です。

形は紡錘形(ぼうすいけい)で、大きさは約0.05ミリ、黄緑色の見た目をしています。

 

植物と動物の性質を持つユーグレナ

ユーグレナは、光合成という植物としての能力を持っていながら、
鞭毛(べんもう)という動き回る器官も持っているため、
移動する能力を備えています。

栄養面も、植物系の栄養素だけでなく、
DHAやEPAなど青魚に多く含まれる動物性の栄養素も含んでいるのが特徴です。

 

ユーグレナの大量培養に成功

ユーグレナは、タンパク質を構成するとされるアミノ酸や
ビタミン、ミネラルを備えていることから、
サプリメントの材料として使われるようになりました。

ユーグレナは微生物のため、他の生物から食べられてしまう可能性が高いのです。
そのため、培養していると他の微生物が発生してしまい、
ユーグレナのみの大量培養は難しいとされてきました。

ですが、
2005年に東京大学のベンチャー企業の株式会社ユーグレナが、
世界で初めて大量培養に成功いたしました。

現在では、サプリメントはじめ、さまざまな商品に利用されています。

 

生命力の強いクロレラ

クロレラは、20数億年前から存在しているといわれる単細胞緑藻類です。

藻の仲間で、ユーグレナや海藻などと同じように、
太陽の光を浴びて光合成を行う植物性プランクトンの一種です。

太古から存在しているクロレラの生命力が注目されており、
光合成能力は一般の植物の数十倍といわれています。

自然界では淡水で育つのが一般的で、比較的光の少ない場所でも生育が可能です。

形は球体で緑色をしており、直径約0.002〜0.01ミリとユーグレナよりも小さくなっています。

アミノ酸やビタミン、ミネラルなど、バランス良く栄養素を含み、
さまざまなサプリメントの素材になっています。

ユーグレナとクロレラの違い

サプリ

 

ユーグレナとクロレラの最大の違いは、
植物性プランクトンであるクロレラに対し、
ユーグレナは植物性プランクトンと動物性プランクトンの両方の性質を持つことです。

この違いから、栄養素や特有成分などに次のような特徴があります。

 

栄養素

植物性プランクトンのクロレラは、栄養バランスが良いのが特徴です。

一方のユーグレナは、栄養バランスの良さに加えて、
魚類が持つ動物性の栄養素であるDHAやEPAが含まれているのが特徴です。

 

吸収率

植物性プランクトンであるクロレラには細胞壁がありますが、
ユーグレナは薄い細胞膜しか持っていません。

一般的にクロレラの細胞壁は消化に時間がかかるとされているため、
消化器官で吸収される割合は60%程度とされています。
ただし、最近ではあらかじめクロレラの細胞壁を粉砕することで、
消化しやすくしたサプリメントもあります。

一方、ユーグレナの吸収率は約90%といわれていて、
体に吸収されやすい特徴があるようです。

 

特有成分

クロレラは特有成分として、クロレラグロスファクターを含むことが知られており、
健康に良い働きがあるといわれています。

一方、ユーグレナにはパラミロンという食物繊維に似た働きがある成分が含まれており、
この成分は便通改善に役立つといわれています。

 

ユーグレナとクロレラでは、味にも多少の違いがあります。
クロレラは抹茶風味ですが、ユーグレナはやや苦味を感じるという特徴があります。
ただし、サプリメントによって味の違いもあります。

 

まずはドリンクタイプがおすすめ

ユーグレナやクロレラを用いたサプリメントは、
錠剤タイプだけでなく手軽に飲めるドリンクタイプなども販売されています。
生活スタイルに合わせて選んで、美容と日々の健康の維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました