ユーグレナ(ミドリムシ)は、59種類もの栄養素をバランス良く含み、吸収率が脅威の93.1%という、奇跡の栄養素です。

ビタミンD

ビタミンD について



ビタミンD は、ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類されます。

ビタミンDは、さらにビタミンD2とビタミンD3に分類できます。

ビタミンD2は植物に、ビタミンD3は動物に多く含まれ、
ヒトではビタミンD3が重要な働きを果たしています。


ビタミンDには、血中のカルシウム濃度を高める作用があります。

また、ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されています。


ビタミンDは、コレステロールから人体内で合成ができるので
ビタミンではないという意見があります。

しかし、消化管からのビタミンDの吸収が低下すると、
容易にビタミンD欠乏症になります。

したがって、ビタミンDの積極的摂取は不可欠と考え、
ビタミンに分類されています。


ビタミンD2の前駆物質であるプロビタミンD2はシイタケに、
ビタミンD3は魚類の肝臓に多く含有されています。

ビタミンDを多く含む食品としては、
しらす干し、焼き紅鮭、いわし、焼きさんま、さばなどがあげられます。


ビタミンDの不足は、
高血圧、結核、癌、歯周病、多発性硬化症、冬季うつ病、
末梢動脈疾患、1型糖尿病を含む自己免疫疾患などの
疾病への罹患率上昇と関連している可能性が指摘されています。


パーキンソン病と低いビタミンDレベルとの間には関連がありますが、
パーキンソン病が低いビタミンDレベルを引き起こしているのか、
低いビタミンDレベルがパーキンソン病を引き起こしているのかは
わかっておりません。


ビタミンDの過剰摂取は、
カルシウム血症、肝機能障害、腎臓障害、多飲・多尿、
尿路結石、尿毒症、高血圧、易刺激性(不機嫌)、
腹痛、発熱、発疹、かゆみ、吐き気または嘔吐、
食欲不振、便秘、虚弱、疲労感、睡眠障害、歩行困難、
体重減少、貧血、脱毛、けいれん、昏睡
などのリスクを高める可能性があります。


しかし、食品やビタミンD製剤の濃縮レベルは、
成人にて毒性を認める量と比較するとはるかに低い量ですので、
ビタミンDには毒性なし」と判断してよいと考えられます。

無料プレゼント





このエントリーをはてなブックマークに追加



a:571 t:1 y:1

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional